Category: シーン別・役立つしぐさ

幸せになれる人となれない人の習慣の違いを知っていますか?

幸せになれる人となれない人の習慣の違いを知っていますか?

あなたは幸せですか?

今が幸せだと感じる人と
感じることが出来な人の違いはどのようなことだと思いますか?

しぐさ協会からの観点から見ると

幸せに感じることが出来る人と、出来ない人には
動作に大きな違いがあると言えるのです。

その違いとは・・

 顔の位置の違い

幸せに感じることが出来る人の顔の位置は
顎が上向きになっています。

ところが、
幸せに感じることが出来ない人の場合には
顎は下向きになっている傾向が強いのです。

たかが顎の位置ですが、
顎の位置が上を向くと呼吸が深くなります。
逆に
顎の位置が下がると呼吸は浅くなります。

ヨガのような深い腹式呼吸をするためには、顎の位置を上げる必要があるのです。
日常動作から顎を上げる習慣をつけることで、
呼吸が深くなり、腹式の呼吸を自然と取り入れることで
リラックス度が上がります。

幸福な人は
リラックス上手な人だともいえるので、
顎の位置の違いで幸福度が違うというのも一つの理由としてあげられるのではないでしょうか?


自信満々な人と自信がない人。実はわずかな動作の違いで心理が変わるのです!

自信満々な人と自信がない人。
実はわずかな動作の違いで心理が変わるのです!

あなたは自信がありますか?

自信を持ちたい・・
そのように思ったことがありませんか?

自信満々な人を見ると、
私との違いは何?

と感じたことがありますよね。
その違いは・・
性格の違いだと思ってあきらめていませんか?

もちろん持って生まれた性格もあります。
でも。
あなたも仕事が上手くいっていたり、恋愛が上手くいっているときには
他の方からは自信満々と見えていますよね。

実は
自信満々な時には動作にも変化を及ぼしているのです。

人は自信があるときには

 動作が大きい

傾向があります。

逆に
自信がないときには動作は小さいのです。

あなたも思い当たるところはありませんか?

例えば・・・

仕事が上手くいっているときには、自分の仕事を身振り手振りを交えて
同僚に説明をしたことはありませんか?
または
そのような同僚や上司を目にしたことがあると思うのです。

ところが・・・
人は自信がなくなると、小さくなってしまいますよね。

人から話しかけてほしくない・・
一人になりたい。

このような時には防御態勢を取ってしまうことが多いのです。

自信があるときには → 動作が大きい
自信がないときには → 動作が小さい

この違いが起きてしまいます。
では、
あえて真逆の行動を取ったらどのように変化をすると思いますか?

実は
行動心理学では、行動が先か心理が先かは関係がないと言われているのです。

だからこそ、
自信がない時には、動作を大きくしてみませんか?

動作が大きい=自信があるとき

ですよね。
動作を大きくすることで、心理に変化を及ぼすことが出来るのです。
心理を変えるのは時間がかかりますが、動作を変えることは誰でもすぐに出来ます。

いつもよりも大きな動作を心掛けるようにすると、
次第に自信がみなぎってくるかもしれません。

 

★おもてなしを世界に広めるための新しいプロジェクトが始まります!!
おもてなしWA心®プロジェクトhttp://www.omotenashi-wa.jp/


あの人のことが苦手・・・苦手なヒトとも上手く付き合うためにはどうすればいいの?

あの人のことが苦手・・・
苦手なヒトとも上手く付き合うためにはどうすればいいの?

苦手なヒトと付き合えない・・

あなたは苦手なヒトと付き合うことが出来ますか?

苦手なヒトの前にいるとすぐに
顔に出てしまう・・

そんな方も少なくないですよね。

大人だから感情を隠す

そんなことはわかってはいても、なかなか出来ないときもありますよね。

実は
感情をコントロールするためには

しぐさ(動作)

を活用したほうがラクにできるのです。
これは日本しぐさ協会でも提唱されています。

気持ちを抑えようとしても難しいものです。
だからこそ、
気持ちを抑えるのではなく、
動作を変えることで気持ちを変えることをオススメしているのです。

では
苦手なヒトを目の前にすると私たちの身体はどうなっていると思いますか?

私たちは
苦手なヒトを目の前にすると

 硬くなりますよね

それは表情だけが硬くなると思いますか?

実は
身体全体が硬くなっているのです。

表情だけが硬くなるということはありませんよね。
表情が硬くなる時には、必ず身体全体も硬くなっています。

特に

肩・腕

のあたりが硬くなりがちです。
となると・・

苦手なヒトとばかり接していると、肩こりが強くなると言っても過言ではないのです。
では、
どのようにすれば身体が硬くならないと思いますか?

その方法が・・・

手の位置を高くすると、身体の筋肉が緩むのです。
他にも

手のひらを上に向けると身体の筋肉は自然と緩みます。
逆手のイメージです。

身体のチカラが抜けると、顔の筋肉も緩みます。
動作を意識することで、苦手な相手の前でも身体にチカラが入らなくなるのです。

事前にカタチだけを取り入れておけばいいので、
苦手なヒトと上手く付き合う時には活用されてくださいね!

身体や顔の表情に必要以上に力が入ったままでは円滑なコミュニケーションを取ることは困難です。


毎日を前向きで楽しく過ごしたい!そんな風に思っている方へ

毎日を前向きで楽しく過ごしたい!
そんな風に思っている方へ

毎日を楽しく過ごしたい!!

毎日楽しく過ごせたらいいですよね。
でも。

ストレスを避けようがありません・・・
ストレスを軽減できる方法があったら知りたいと思いませんか?

ストレスを軽減するためには
しぐさが役に立つのです

ストレスを軽減させるためには
しぐさ
を取り入れることがオススメです。

しぐさ
には
気持ちがラクになる効果があります。

ストレスを軽減するためには
しぐさが役に立つのです

ストレスを軽減させるためには
しぐさ
を取り入れることがオススメです。

しぐさ
には
気持ちがラクになる効果があります。


相手の心を掴むコミュニケーションを身につけていますか?

コミュニケーションは得意ですか?

a954d3671078ae767b3e66d5eb4d90bc_s

コミュニケーションが得意!
という方は素晴らしいです!!
得意でない方はぜひ下をお読みくださいね♪

コミュニケーションが得意な人がうらやましい!

と思ったことはありませんか?

コミュニケーションが得意な人は
人の心を掴むのが得意です。

そんな得意な人には特徴があることを知っていましたか?

コミュニケーションが得意な人は
話を聞くときに特徴的な
しぐさ
が見られています。

そのしぐさが・・

手の位置を高くする

ことなのです。
みぞ内あたりで手を組むようにすることをオススメしています。

簡単なですのでぜひやってみてくださいね


人間関係をもっとよくしたい!人間関係が円滑になるためのコミュニケーションとは

人間関係に自信がありますか?

78d5d31a00df0c9a661d39702271aebb_s

自信がある!
なかなかそのように言える人は少ないですよね・・・

人間関係というと・・

 仕事の人間関係
 友人関係
 親子関係
 ご近所

など、いろいろな人間関係がありますよね。
社会で生活している以上はついて回るのが人間関係です。

ところが・・
実際のところは難しいと感じたことはありませんか?

人間関係をよくするためのコミュニケーションのためには
いくつかポイントがあります。

今回はその中の1つをご紹介しますね。

よく、人間関係をよくするためには

自己開示

が大切だと言われています。
実は
しぐさ
の中にも自己開示につながるしぐさがあるのです。

そのしぐさが

 相手に手のひらを向ける

になります。
話をする際、聞く際に手のひらを相手に見せるようにしてみてくださいね。

手のひらは心の窓だとお伝えしています。
手のひらを見せることで相手は安心するのです。


自分の意見を言いたいのになかなか言えず受け身ばかり・・・。もっと意見が言えるようになりたい方へ

自分の意見を言いたいのに言えない

a0002_007214

自分の意見を言いたい。
ところがいつも受け身ばかりになってしまう方はいませんか?

自分の意見を相手に伝えることが
難しい・・
そんな風に感じたことはありませんか?

実は
受け身タイプの方にはある特徴があるのです。

その特徴を変えるだけで
意見が言えるようになるかもしれないとしたら
取り入れてみたいと思いませんか?

その特徴が・・

 脇を閉じている

という特徴なのです。
脇を閉じていると、どうしても体にチカラが入ります。

となると・・
自然体で話すことが出来なくなってしまうのです。

話をするときについつい
構えてしまう!
そんな人にはこの特徴が見られるんですよ~。
ぜひ意識をして脇を開いてみてくださいね!


文字のコミュニケーションは何とかなるのに対人コミュニケーションが苦手なあなたへ

SNSやブログ、メールの
コミュニケーションのほうが好き

1fa1d6a93d74ced3b2abb825a3cc724e_s

あなたはそんな風に思ったことはありませんか?

人と面と向かって話すのが苦手!

意外とこういう方は多いので安心してくださいね。

得意!!

と言える人のほうが少ないかもしれません。

苦手だと思ってしまう理由がいくつかあるのですが、
その中でも

 反応がすぐにわかるのが苦手・・

という方が多いようです。
相手の反応を見ているうちに自信がなくなってしまうのが原因のようです。

相手の反応を気にしないようにしましょう!

と言われても
そんなことできない!
のが本音ですよね・・

相手が気になれば気になるほど
緊張してリラックスして話せなくなります。

うちでは
まず大切なのは

 リラックスをすること

だと伝えています。
リラックスをしないと自然に話すことは不可能なのです。

リラックスするためには

しぐさ

ほど役立つものはありません。

心で思わなくていいのが楽ちんな理由の一つなのです!


前向きな人と前向きでない人。その違いにちょっとした動作があるとしたらどうしますか?

前向きになりたい!

IMG_9946

あなたはそんな風に思ったことはありませんか?

毎日前向きで過ごしていますか?
この質問に
YES
と答えられる人は意外と少ないかもしれません・・

ところが
世の中にはいつも元気いっぱいの人がいますよね!
そういう人は決まって

「毎日が楽しい!」

と言います。

そんな人とあなたの違いは何だと思いますか?

実はその違いが
動作(しぐさ)
にあるのです。

前向きで元気な人は

 手がよく動いています

えっ!?
たったそんなこと??

と思うかもしれません。
ところが、これは共通しているのです。

共通しているのなら、
動作で影響の可能性があると思いませんか?

前向きになりたい!

そう思うのなら
ぜひ 手の位置をいつもよりも上にあげるようにしてみてくださいね!


プレゼン能力を上げたい!!人前で話すために必要なのは「伝えるチカラ」です

プレゼン能力を上げたい!!人前で話すために必要なのは「伝えるチカラ」です
a0001_017428

プレゼンは得意ですか?

日本人はプレゼンが苦手な人が多いようです。
ところが、
仕事をする上ではプレゼンをしなければならない方も多いですよね。

そんな方には

プレゼンに生かせる表現力

プレゼンに生かすための表現力を身につけることをオススメします!

そのために必要なことは・・

動いてください

プレゼンで伝える能力が低い人に共通しているのが

動かずじっとしている

ことなのです。
プレゼン能力が高い人は

動きまわっているのを目にしたことはありませんか?

動いているほうが
説得力が高まります。

そして、
一番オススメする理由が

動いていると緊張をしない

からなのです。
動かずじっとしていると、緊張してしまいます。

緊張をしてしまうとせっかく準備したプレゼンの内容も
相手に伝えることができずに終わってしまいます。

まずは
動くこと!

覚えておいてくださいね